人にはそれぞれの貯金方法がありますよね。

雑誌などで特集されている貯金方法は

「先取り貯金」って多いですよね。

給料を貰ったら、毎月いくらか決めて

先に貯金しちゃうっていうもの。

数年やり続けて○○○万円貯金とか・・・。

貯金をいざ始める人は

やっぱり「先取り貯金」をしようと思いますよね。

私も数年前から貯金を始めましたが

「先取り貯金」では無く・・・。


どちらかというと「残金貯金」派です。

「残金貯金」とは言われていないと思いますが

こんな言い方がピッタリな

残った金額を貯金する派です。

だからと言って、使いすぎちゃうってことは

家計簿を付けはじめてからは

ほぼありません。

「先取り貯金」は計画性があって

貯金もやりやすいかもしれませんが

なんせ基本ズボラなので

残った分が私の毎月の貯金額でした。

まとまった金額になると

ド-ンと定期預金にしています。

ボーナスを頂いていた時は

ボーナスまるごと「残金貯金」ってことも

結構ありました。


「先取り貯金」と違い

「残金貯金」は毎月貯金額が違うので

思っているより貯まっていたりすることもあります。

なんせ小銭などの端数も全て貯金されるので

小銭が小銭とまとまって

ちょい大銭に変わるんですよ。

ちりつも方式ですね。

毎月いくらって決まっていない分

貯金のストレスはまったくありません。

その人に合った貯金の仕方があると思いますが

たまには雑誌でも「残金貯金」の特集されないかしら・・・?

ま、説明できるような方法は

ただ残ったお金を貯金するだけの話なんですけどね。

やっぱり「残金貯金」派は少数派なのでしょうか?