敏感肌や乾燥肌の方にはなじみ深いミノンから8月25日に新発売した弱酸性のタオルをお試しさせていただきましたので、使用感などをご紹介いたします。

第一三共ヘルスケアのキャンペーンに参加中[PR]

ミノン1

ミノンやさしく洗う弱酸性タオル(1枚入り)/幅22cm×長さ90cm

「まるで手のひらで洗うみたいにやさしく洗えるボディタオル」ということで、乾燥肌の私は手のひら洗い派だったので興味津々です。

ミノン2

まず箱から出して手に取った感じ、手触りは少し固めに感じるんですが凄く弾力があります。

素材はテラマック100%です。

ミノン3

広げて手に乗せてみたんですが、手が透けて見えないぐらいのほどよい厚みがあります。

全体的にエアー感がありますね。

ふわふわの表面では、肌に刺激や肌ストレスをかけたくない部分の太ももやすねやわき腹などに使い、すっきり裏面は、かかとやひじ・ひざなどパーツに合わせて使うと刺激を抑えることができます。

今回同時にお試しさせていただいた「ミノン全身シャンプー(しっとりタイプ)」で泡立てて使ってみました。

ミノン4

「ミノン全身シャンプー(しっとりタイプ)」は以前にもお試しさせていただいて、とってもお気に入りの全身シャンプーの1つので安心して使うことができます。

ミノン5

透明のテクスチャーで香りは抑え目ですが、ほんのり残る香りがクセになるんですよね。

泡立て方は簡単で、よくぬるま湯で湿らせたタオルに、適量の「ミノン全身シャンプー(しっとりタイプ)」をつけて、タオルをぐるぐる円を描くようにするだけで自然と泡立ってきます。

エアー感のあるタオルなんで泡立ちが凄くいいんですよね。

 「ミノンやさしく洗う弱酸性タオル」は肌にやさしく、肌に刺激を感じることがありませんでした。

手のひら洗い派の私の心配は、手は届いても力があまり入らない背中の中央部分の皮脂汚れがしっかり落ちているかだったんですが、 「ミノンやさしく洗う弱酸性タオル」を使うえば、背中の中央部分もしっかりと洗えるし大満足です。

肌にやさしいタオルと全身シャンプー使いで、乾燥も全然気になりません。

肌の負担や乾燥も気になるところなので、私は週1~2回 「ミノンやさしく洗う弱酸性タオル」を使用するようにしています。

手のひら洗い派だった私もオススメです♪