最近は外出時にBBクリームやCCクリームを使用し、仕上げにフェイスパウダーを使うことが多いのですが、今回ベースメイクの仕上げや化粧直しにぴったりなこちらの商品、4月7日にブランドリニューアル発売予定の常盤薬品工業「MAIKOHAN 化粧もちおしろい」を一足先にお試しさせていただきました。

P1060452

常盤薬品工業 MAIKOHAN 化粧もちおしろい 1,650円(税抜)

03281

カラーは、01「桜色(シアーピンク)」と02「肌色(シアーベージュ)」の2色あり
私は01「桜色(シアーピンク)」を選んでみたのですが、透明感をアップしたい方はこちらの01で、自然にカバーしたい方には02「肌色(シアーベージュ)」がオススメです。

P1060453

ビーズアップ・プラス編集部の2015年4月度の注目度№1にも選ばれているので、気になる方も多いかもしれませんね。


P1060454

汗・水・皮脂に強くてくずれなく、桜の花エキス・大豆エキス・椿油配合で乾かないおしろいです。

早速使ってみたいと思います。

P1060456

まずはパッケージですが、ピングベージュにゴールド文字で、全体的には和風なんだけど
とってもキュートな作りのパッケージになっています。

P1060457

おしろいにしては厚みがないので、ポーチに入れての持ち運びにもピッタリです。

P1060459

蓋を開けると、パフが付いています。

P1060460

このパフの指を入れる部分のデザインがめっちゃかわいくて気に入っちゃっいました。

P1060461

指はちょうど3本入れることができるので、使いやすいと思います。

P1060466

キメの細かくてふわふわとしたパフなので肌にも優しいです。

P1060463

使用上の注意などが書かれたシールは嬉しいですよね~。
これを見たおかげで、使う前に容器をコンコンと軽く叩いてから使用することができました。

P1060464

キメの細かいネットになっているので、いっぱいおしろいが付いちゃうってことはありません。

P1060465

このようにネットの上から軽めにパフを押すことによって

P1060466

ほんのりとしたおしろいがやわらかいパフに付いてくれます。
桜色(シアーピンク)なので、ほんのりとしてピンク色です。

P1060467

わかるように手の右側にだけ軽くパフで叩いてみました。
ふんわりとしたピンク色で、キメの細かいおしろいです。

P1060469

おしろいをなじませていくと、ナチュラルな仕上がりで、触った感触がサラサラスルスルしています。
ピンクでもチークのような濃い色ではなく、白やベージュ寄りのピンクなので、とってもナチュラルで透明な仕上がりなんですよね。

そしてなにより手に付けた瞬間の香りがすごくいい香りなんですよ~。
「桜詩のかほり」となっているんですが、ふんわりと女性らしい香りなんです。
これは店舗なんかでみかけたらぜひ確認してみてほしいです。

SPF15・PA++で春先や夏に向けての使用にも向いてそうですよ。

化粧持ちは1日中続くとまではいきませんが、持ちはいい方だと思います。
サラサラとした感触が結構持続してくれるので嬉しかったです。

そしてぜひオススメしたいのが舞妓はんのような「おぼこい肌の仕上げかた」なんですよ。

 1.パフをネットの上から軽く押さえるようにしてパウダーを適量とります。
 2.お顔につける前にティッシュや手の甲などで余分なお粉を落とします。
 3.お顔全体になじませるように軽く広げます。

このようにすると「おぼこい肌」のようなかわいい仕上がります。

化粧直しにも使える「MAIKOHAN 化粧もちおしろい」流行りそうですよ~♪



【常盤薬品工業】のモニターに参加中